Unlock your best run.

ランニングの基本原理は、人間の祖先が狩りをして野山を駆けまわっていた太古の時代から変わっていません。現代社会に生きるわたしたちにもナチュラルに走る能力は備わっています。なのに厚くて重いシューズやアスファルトの硬い路面のおかげでわるいクセをつけてしまっているのです。

ランニング効率が改善すると怪我や故障のリスクが低減します。ニュートンはニュートンシューズの走行性能と相まってランニングの質を向上させるテクニックを推奨しています。

Run Better

Posture

軽く前傾姿勢をとりまっすぐ立ちましょう。
前傾を意識しながら足は常に身体の下にキープします。
身体の真下で地面と平行に着地するよう心がけてください。(裸足で走るときの感覚を真似しましょう)

Run Better

Position

路面と平行に接地することが大切です。
自信をもって前方をみましょう。頭を上げ体幹を意識します。腕は胴の近くに保ち、肘を90度に曲げて真後ろに引き上げます。

Run Better

Cadence

1分間180歩の早めのピッチで走りましょう。
ピッチには故障を回避する重要な役割があります。
最適なピッチの目安は1分間180歩前後です。歩幅を縮る必要があるランナーが多いかもしれませんが、その方が身体の負担が軽くなります。

Want to learn more about good running form?

Check out our Form Friday YouTube Channel

Go to videos